中小企業のM&Aの6つのパターンまとめ!事業売却、事業譲渡、株式交換どれがいい?

未分類


※この動画は2021-01-01 19:00:00に公開された動画です

事業譲渡、吸収分割、吸収合併、株式交換など、事業売却をする際には様々な方法があります。どの方法が良いのか、経営者の事業承継のニーズ別にM&Aの6つのパターンをまとめて税理士と解説します。

🔽【無料Ebook】中小企業の決算対策 厳選重要10のテクニック(グランサーズ監修)
https://hoken-kyokasho.com/lp/settlement-insurance-grancers

🔽チャンネル登録はこちら😌
http://www.youtube.com/channel/UCzocv7nCk2DyNCYSinYH_HA?sub_confirmation=1

🔽【無料相談】税務、会計・経理代行のご相談はこちらからお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ


※フォームでのご相談は24時間受け付けています。

お電話でのご相談は今すぐこちらから
→ 0120-953-573(税理士法人グランサーズ 受付時間:平日9:00~18:00)
※「You Tubeを見た!」とお伝えいただくとスムーズです。

🔽【関連サイト】中小企業のM&Aの6つのパターンまとめ
https://hoken-kyokasho.com/chushoukigyou-ma

🔽【関連動画】事業承継の切り札M&A(企業買収)の方法と必須知識

(目次)
00:00 本日のテーマのご紹介
00:40 中小企業が覚えておきたいM&Aのパターン6つ
01:22 会社を売ってセミリタイヤ
03:02 会社を売った後も会社の利益を得たい
04:47 特定の事業のみ売却したい
05:03 特定の事業を売却した後も利益を得たい

———————————————————————–
プロフィール
———————————————————————–
・筧 智家至(かけひ ちかし)
Twitter▶︎https://twitter.com/ChikashiKakehi
Facebook▶︎https://www.facebook.com/chikashi.kakehi
公認会計士・税理士。監査法人トーマツを経て筧公認会計士・税理士事務所(現:税理士法人グランサーズ)を設立。現在従業員数80名を超え、約1000社の税務支援を行う税理士法人グランサーズ代表。上場企業の監査役も務めている。

・長谷川桂介(はせがわ けいすけ)
Twitter▶︎https://twitter.com/keisukehasegawa
Facebook▶︎https://www.facebook.com/keisuke.hase
経営者。1500社の財務コンサル実績があるファミリーコンサルティング代表取締役。これまで4社を経営。経営者として投資や節税、資金調達、事業売却(M&A)など法人の財務に関する実務を経験してきた企業財政のエキスパート。

#事業売却 #事業譲渡 #株式交換

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP