売却まで、社内の戸惑いと変化|M&A BANK Vol.9

未分類


※この動画は2018-03-31 10:00:00に公開された動画です

ベンチャー企業のM&AはM&A BANK【 毎週 火・木・土 曜日 更新 】
▶︎お問い合わせはこちら→https://ma-bank.jp/contact/
▶︎本日のテーマ:事業売却というゴールに向かう社員たち

▼前回の動画(Vol.008)
「売却」発表後の社内の混乱

▼次回の動画(Vol.010)
売却益2.4億円の使い途

【出演者情報】
■島袋直樹:IdeaLink株式会社-代表取締役
2017年12月、自社メディア5媒体を上場企業に事業譲渡。
尊敬するじげん社に倣い、「事業化集団IdeaLink」を目指す。

■盛ふみ代:リンクドット株式会社-代表取締役
IdeaLink株式会社で「フランチャイズの窓口」の事業責任者を経て
同社のグループ会社であるリンクドット株式会社の代表取締役に就任。

【IdeaLink株式会社がM&Aを実施した背景】
資本力と競合優位性を俯瞰して自社サービスを見直したときに、
現状の経営資源では更なる成長は困難と判断したため、
2017年12月25日、シェアリングテクノロジー株式会社(東証マザーズ3989)に新設分割により
「フランチャイズの窓口」、クレジットカード比較4サイトを売却。
その後は売却した資金をもとに、「事業家集団」として新たなビジネスの種まきに奮闘中。

【M&A BANK HP】
https://ma-bank.jp/

【Twitter】

【Facebook】
https://www.facebook.com/MandABANKofficial/

【IdeaLink株式会社】
http://www.idea-link.co.jp/

▼チャンネル登録お願いします!!
http://www.youtube.com/channel/UCbxAeKe2f9WZGbKy1jHV0Dw?sub_confirmation=1

#島袋直樹
#盛ふみ代
#IdeaLink
#アイデアリンク
#エムアンドエー
#ma
#エムアンドエーバンク
#バイアウト
#デューデリ
#エムアンドエー企業
#エムアンドエー手法
#エムアンドエー事例
#エムアンドエーメリット
#エムアンドエー個人

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP