ネット M&Aの闇 お手軽マッチングの落とし穴 情弱ホイホイ

未分類


※この動画は2020-06-11 20:00:09に公開された動画です

今回はネットでM&Aの案件が溢れかえっている中で、知らないと時間とお金を浪費する、ネットM&Aにおける注意点を解説しました。
多くのメディアで取り上げられ、中小零細企業のM&Aや第三者への事業承継は一般的となりました。
しかし、一般的になったが為に、質の悪い案件がとても多く出回るようになり、情報弱者にはとても厳しい世界となっています。
M&Aはそれすなわち経営判断です。
成功するも失敗するも全て自己責任の厳しい世界です。
これからM&Aで起業したい、独立したいというサラリーマンの方にも参考にして頂けると嬉しいです。
是非ご覧ください。

元銀行員で渉外担当だった私、山本将司が、銀行内部からの視点も含め
解説していきます!

会社を売りたい、業況がよくない、後継者がいない、後継者不足
サイトに登録して問い合わせはくるけど、買手が決まらない
このようなお悩みや
M&Aや資金調達のお悩みなどございましたら弊社へご相談ください。
お問い合わせフォーム:https://keiei-onayami.com/contact
株式会社 喜創産業
https://keiei-onayami.com/

喜創産業は広島県事業引継ぎ支援センターの登録専門家です。
http://h-hikitsugi.jp/

日本M&Aセンター子会社の株式会社バトンズさんで
M&A買手育成・外部講師を行っております。
https://batonz.jp/lp/batonz_learning/
株式会社バトンズさんによる弊社紹介記事です↓
年商数千万・赤字・債務超過でもM&Aを成功させる凄腕承継アドバイザーの仰天発想法
https://batonz.jp/learn/235/
創業115年だけど年商2000万。老舗企業を活かす驚異のM&A術とは?
https://batonz.jp/learn/496/

====プロフィール====
初代 山本将司(萬多先生と呼ばれることが多いです)
1973年7月31日生まれ 獅子座(レオ)のO型
専修大学商学部会計学科を勉強が好きで5年在学し卒業(笑)
当初、松山で配管資材の商社に勤務し、楽しい営業生活を
送っていたものの、業況悪化→リストラで職を失う。
この時、会計学科にいた事から銀行員になりたかったことを
思い出し、信用金庫に転職。
以後8年間で個人業績評価5位以内(年間評価)4回
1位1回と言う成績を上げ、広島銀行に移籍
この時、リトルリーグとメジャーリーグくらいの金融ノウハウの違い
がある中で、リテール、法人新規開拓、創業支援で頭角を表し
優秀行員表彰5回(5期連続→渉外係でこの記録は破られていないとのこと)
代表受領1回(全部の行員で一番優秀な人に授与される)
半年で27社の法人開拓
様々な成果を残して2016年3月に独立。
その後、日本M&Aセンターのアドバイザーとして2018年度では
14件の約定をお手伝いし全国アドバイザーで2番目の成果を上げる。
趣味
旅行・スポーツ観戦・動物とのふれあい
得意分野
不動産賃貸・通販
創業支援・業態変更支援
得意な業種は通販業。不動産業

ーーーーーーーーーーーーーー
2代目 山本将司(KENTOと呼ばれることもあります。)
1990年広島県生まれ 蟹座(キャンサー)のA型
座右の銘 当意即妙
広島→ベルギーブリュッセル→広島→神戸→広島→東京・中国浙江省(現在)
小学校から高校までは野球一筋の野球少年でした。
大学は神戸大学法学部法律学科出身。
卒論が無いので法学部を選びました(笑)
大学新卒で地方銀行に入行し、初代山本将司と出会い
銀行を退職後は初代と株式会社喜創産業を立ち上げました。
M&A仲介の仕事がきっかけで中国へ行くことになり
中国語が話せるようになりました。
中国語が話せるM&Aシニアエキスパート。
FP技能士2級
趣味・特技
中国語(HSK5級)
勉強0の状態から3ヶ月でHSK4級に合格、1年で5級に合格。
現在6級合格を目指して勉強中。
書道(10年間習ってました)
野球
海外旅行

日本M&Aセンターの公認アドバイザーとして
喜創産業ではM&A仲介、経営コンサルティング、ビジネスマッチング
貿易コンサルティング、中国事業支援を手掛けています。
主に日本M&Aセンター子会社のBatonz(バトンズ)で活動中。
2018年の成約実績は全国2位となりました。
M&A、事業承継、資金調達、融資、資金繰り改善、事業再生
中国事業、創業支援、貿易コンサルティングなどなど
お困り、お悩みがございましたら
皆様のご相談お待ちしております。

#事業引継ぎ支援センター
#廃業
#アドバイザー

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP