【M&A体験談】調剤薬局のM&Aの実情は!?|M&A相談室vol.38

未分類


※この動画は2021-04-24 10:00:08に公開された動画です

学生時代に2億円の売上を立て、売却を経験した廣田さんに
医療系M&Aの体験談を中心にその経験談をお聞きしています!

第四弾として、『薬局のM&A』について詳しく解説していただきます!

▽M&Aのご相談・お問い合わせはこちら▽
※メールアドレスよりご連絡ください。
https://www.youtube.com/channel/UCr3Y86GJJfr1RbZSSvOPuzQ/about

医療系のM&Aに興味のある方は是非、参考にしていただければ幸いです。

目次
0:00 調剤薬局のM&Aが多い理由
1:18 大手が薬局M&Aを行うイメージ
1:38 一般人が薬局を買うのはあり?
2:23 薬剤師さんが薬局買うのはあり?
3:04 薬局M&Aの相場は?
4:29 薬局も不動産ベース?
5:18 薬局の伸ばし方のコツは?
6:38 廣田さんは提案が来たら薬局を買う?
7;41 大手にどうやって薬局を売る?
9:28 本日のまとめ

【M&A相談室とは】
元シェアリングテクノロジー社長で、年間M&A件数最多を記録した篠さんと、東証一部企業に事業売却した長沼が運営するリアルなM&A情報に特化したYouTubeチャンネルです。

毎週、以下のスケジュールで配信予定です!
・火曜、木曜:19時
・土曜:10時

これからM&Aや事業承継をしようと検討している方は、是非チャンネル登録をお願いします。
===
篠 昌義
(株式会社相談室代表取締役)
(公認会計士・税理士)
有限責任監査法人トーマツ(デロイトトーマツグループ)で大企業から中小企業までの監査やコンサルティング、税理士法人平成会計社(現税理士法人令和会計社)で大企業の法人税から個人の所得税まで幅広く実務を担当したのち、自身も経営者としてシェアリングテクノロジー株式会社の取締役CFOから代表取締役まで幅広く経験。
シェアリングテクノロジー株式会社では東証マザーズ上場の責任者を務めるだけでなく、事業推進、資金調達、M&A、組織改革などを幅広く遂行。現在は、株式会社相談室を設立し、代表取締役として相談室シリーズのWEBサイト運営などを手掛ける。

長沼健一
(BETA株式会社 代表取締役)
大学在学中は光回線を始めとした通信関連の新規営業、管理業務に4年間従事し、大学卒業後は兆単位のグローバルM&Aに憧れ、JTに入社。JTでは、たばこ自動販売機を製造・販売する事業部にて財務経理(決算や原価管理、与信管理等)、事業撤退に伴う人事系業務以外を担当。その後、日経新聞や経済系メディア向けの広報を担当。
2017年7月より、BtoBの効率化というテーマに惹かれ、ユニラボに入社。マーケティング部にてSEO業務に従事。アルバイト2名の組織を1年で40名ほどの組織まで成長(社内20名)。名古屋に移住することになり、2019年3月退職。
2019年4月25日、名古屋にて起業。業界最大規模のメディアに成長させる。2020年4月東証一部上場企業にメディア事業を譲渡し、現在は動画事業で着実な成長を見込む。
===
#事業売却 #会社売却 #篠昌義 #企業売却 #バイアウト

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP