M&Aの価格を決めるEV/EBITDA法の計算や倍率、3つの欠点を公認会計士が解説【動画で学ぶM&A】

未分類


※この動画は2020-11-13 19:56:25に公開された動画です

M&Aの値決めでよく使われる「EV/EBITDA法(EBITDA倍率法)」
「M&Aは8~10倍が相場」なんて大嘘です。計算の基本から3つの欠点までわかりやすく解説します。

■この動画の内容
・EV/EBITDA法はM&Aの値決めに使う価格の考え方
・事業の価値をEBITDA×倍率で考える方法
・倍率には「適正水準」とか「相場」といったものはない
・3つの欠点に注意してEV/EBITDA法を使いこなそう

■チャプター
00:00 今回は「EV/EBITDA法」を解説!
02:02 EV/EBITDA法の計算の仕組み・考え方
07:03 EBITDA倍率に「適正水準」なんてない!
10:36 EV/EBITDA法の欠点を3つ紹介
15:26 今回の重要ポイントのおさらい

■STRコンサルティングの公式ホームページ

Home

■売り手向け!M&A成功のポイントがすべてわかる本のダウンロード

必読! 売主がM&Aを成功させるポイントがすべてわかる本

【関連記事】
EV/EBITDA法のM&A値決めや倍率目安、計算を会計士が解説

EV/EBITDA法のM&A値決めや倍率目安、計算を会計士が解説


※11ステップの計算手順はこちら

【関連動画】

■M&A上手の価格の決め方徹底解説!高く売る3つのコツも紹介

■絶対ダメ!M&Aの値決めでやってはいけないたった1つの勘違い

■曖昧な部分が重要!値決めで使う「年買法」の計算や欠点を解説

■借金は株式の価値を下げない!企業価値・事業価値・株主価値の関係性

■EBITDAがM&Aで最重要な理由を会計士がわかりやすく解説

【その他】

■STRコンサルティングのTwitter

■タグ
#STRコンサルティング
#エムアンドエー
#エムアンドエー価格
#EBITDA
#買収価格
#公認会計士
#古旗淳一

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP